コストパフォーマンスを最大限に引き上げよう

サポートの内容を確認しよう

法人向けパソコンを提供している業者からはサポートを受けられるのが一般的です。ただパソコンを必要台数だけメーカーから購入するのとは違い、各社が独自のサポートサービスを提供しています。法人向けパソコンを選ぶときにはどのようなサポートが含まれた料金設定になっているのかを確認し、比較検討するのが重要です。保守点検レベルまで行ってくれる業者もありますが、その分だけコストは高くなります。サポート内容も標準料金内に含まれているものと別料金のものがあります。例えばチャットでのサポートは無料でも出張修理になると有料といった形になっている業者もあるので、どのようなサポートを受けたらいくらになるかを一覧にして比較するのが賢明です。

サポートも含めてコストを考えよう

サポートはあまり必要のない現場もあれば、充実した内容にしておいた方が良い現場もあります。サポートも含めて全体的なコストがどの程度になるかを考え、出来るだけコストパフォーマンスの高い法人向けパソコンを選び出すのが肝心です。例えば優秀な社内エンジニアを大勢抱えているならサポートはほとんど必要ないと考えられるでしょう。ただ、エンジニアを新たに雇うとなるとかなりの人件費がかかるため、業者のサポートで対応する形にした方がコストは抑えられる可能性があります。また、パフォーマンスの観点からはサポートに対応してくれる時間帯や対応の早さなども考慮した方が良いでしょう。特に営業時間が短いとトラブル解決に時間がかかってしまうのが問題になりがちです。