法人向けパソコンのランニングコスト

消費電力がどれくらいあるか

1990年代始めはまだパソコンは普及していなくて、オフィスに数台あるくらいだったかもしれません。しかし今は社員一人に一台あるのが当たり前で、パソコン以外にサーバーやプリンターなども必要になっています。パソコンを利用する時には電気が必要になり、パソコンを使っていない時代に比べるとかなりの電気を消費しているでしょう。法人向けパソコンを導入する時にはいかにコストを抑えるかが重要になり、ランニングコストとして電気代がかかりにくいタイプを選ぶようにしてみましょう。新しいCPUの中には処理速度は同じで消費電力を減らしたものなどがあります。バッテリー容量が多いものなら、電気代が安い時間に充電をして使うなどが可能になるでしょう。

万が一のためのサポート費用

パソコンがあれば日々の作業を効率的に行え、情報の記録なども行えます。しかしパソコンにもそれなりに寿命がり、故障をすると使えなくなります。突然使えなくなると作業は行えませんし、重要な情報も取り出せないなど大きな問題が発生するかもしれません。それに備えるために法人向けパソコンではメーカーのサポートに加入するのが一般的です。パソコンが故障した時、通常は保証期間内なら無償修理や交換などをしてもらえます。有料サポートに加入していると保証期間外でも追加費用なしで修理をしてもらえたり、ハードディスク内からデータを救出してくれたりします。家庭用ではあまりかからないコストになるでしょうが、法人向けだと保険的な役割として必要になってくるでしょう。