社内処理できる内容はサポート外で十分

特別な契約を結んでいなくてもメーカーのサポートが教えてくれる

昔と比べればパソコンを使える人の数はかなりのものになります。高齢者といわれる人であってもSNSを通じて旧交を温めている人は少なくありません。しかし、だからといって誰でも使えるというわけではなく、現役で働いている世代の人間であってもパソコンの操作がうまくできないという人もいます。また、画面になんらかのエラーが出た場合、どのように処理すればいいのかわからないという人の数はかなりのものになるでしょう。
では、法人向けパソコンのサポートはどのようになっているのでしょうか。基本的にサポート契約など特別な契約を結んでいなくてもパソコンメーカーに問い合わせれば操作方法やエラーの解決方法を教えてもらうことが可能です。契約を結んでいる場合は、メールサポートなどでメールの返信が早くなるといった待遇を受けられるでしょう。

パソコンに詳しい社員に聞いて解決するという手も

では、なんらかのトラブルや使い方がわからないといった問題が生じた場合、必ずメーカーのサポートに連絡した方がいいのでしょうか。はっきりいえば、もし社内に詳しい社員がいるのであればその人間に解決してねらうというのでも十分です。というのは、パソコンメーカーのサポートだからといって、素人が知らないことを教えてくれる、あるいはエラーを解決するための特別なプログラムを作って送ってくれるといったことはないからです。基本的に既存の解決方法をデータベースで検索し、それを伝えてくるだけなので、パソコンに詳しい社員でも同じ解決方法を導き出すことができます。
ただ、必ずしもパソコンに詳しい社員がリアルタイムで相談に応じてくれるとは限らないので、連絡がつかないようであればメーカーのサポートを利用するといいでしょう。