法人向けパソコンを本格的に導入するときにはどの業者に依頼したら良いのかが大きな問題になります。失敗しないためにはどんなポイントを押さえて決めたら良いのでしょうか。導入時に特に確認すべき重要な観点を二つ紹介します。

法人向けパソコンのコスト

法人向けパソコンを導入する際に最も気にかけなければならないのがコストです。本格的にかなりの台数を導入したいと考えているときには大きなお金が動くことになります。きちんとしたコスト試算をできるようにしておきましょう。

View more

法人向けパソコンの導入コスト

オフィスで必要なものを購入すればそれは会社にとってのコストになります。無駄があると利益を圧迫し、うまくコストを減らせば利益増につながります。法人向けパソコンの導入においてもコストがかかるの…

Read More

法人向けパソコンのランニングコスト

1990年代始めはまだパソコンは普及していなくて、オフィスに数台あるくらいだったかもしれません。しかし今は社員一人に一台あるのが当たり前で、パソコン以外にサーバーやプリンターなども必要になっ…

Read More

法人向けパソコンのサポート

パソコンを使用していると様々なトラブルが発生する可能性があります。法人向けパソコンを導入するときには業者からどんなサポートを受けられるのかも比較しましょう。サポートは充実している方が良いのでしょうか。

View more

充実したサポートがあるとコストが高い

自宅で使うパソコンならメールやインターネットだけでなく、ゲームや音楽、動画等の様々な機能が使える一般のパソコンが好ましいでしょうが、仕事で使うとなればあまり多機能である必要性はないでしょ…

Read More

社内処理できる内容はサポート外で十分

昔と比べればパソコンを使える人の数はかなりのものになります。高齢者といわれる人であってもSNSを通じて旧交を温めている人は少なくありません。しかし、だからといって誰でも使えるというわけで…

Read More

コストパフォーマンスを最大限に引き上げよう

法人向けパソコンを提供している業者からはサポートを受けられるのが一般的です。ただパソコンを必要台数だけメーカーから購入するのとは違い、各社が独自のサポートサービスを提供しています。法人向…

Read More

廃棄時のコストも考慮しよう

リースすればパソコンを業者に返却できる

パソコンは洗濯機や冷蔵庫といった大型家電と比較すると、長く使うのは難しいといえます。というのは製品自体に故障が発生しなかったとしてもOSがサポート切れになり、さらにスペックが古すぎて新しいOSをインストールすることができないという場合、その時点で利用し続けるのは難しいからです。そのため、購入した時点で廃棄時にどれぐらいのお金がかかるのか考えておいた方がいいでしょう。特に法人向けパソコンの場合、大量に納入することがあり、廃棄するときもやはり一斉に行うのでかなりの額のコストを想定しておくべきです。 では、廃棄時にあまりお金を支払わなくていい方法はあるのでしょうか。まず、一番いい方法はパソコンをリースするというものです。そうすれば、不要になったら返却すればいいだけなので処分費用はかかりません。

メーカーではなく専門のリサイクル業者に無料で処分してもらう

また、新しいパソコンを導入するとき、業者に下取りしてもらうという方法もあるでしょう。ノートパソコンはOSが古かったり、あるいはハードディスクを完全にフォーマットしていても、ある程度の金額で下取りしてもらえるので購入費用の足しになります。 小型家電リサイクル法に基づいて不要になったパソコンをメーカーに送るのではなく、リサイクル業者に引き取ってもらうという方法もあります。パソコンの基板には高価な貴金属やレアメタルが使われているため、不要になったパソコンを無料で引き取る業者が少ないながらも存在しているのです。こうした業者に送る場合は、一応、搭載されているハードディスクを厳重にフォーマットして、以前保存されていたデータが読み出せないようにしておきましょう。